【終了】広重 名所江戸百景(4月1日〜5月27日)

【終了】広重 名所江戸百景(4月1日〜5月27日)

概要

2018年は風景画の巨匠、歌川広重(1797~1858)の没後160年にあたります。これを記念し、太田記念美術館では4~5月に「歌川広重 名所江戸百景」展、9~10月に「没後160年記念 歌川広重」展を開催いたします。実は、太田記念美術館が所蔵する浮世絵のうち最も作品数の多い絵師が広重で、その数およそ2600点。今年はコレクションを中心に選りすぐりの広重作品をご紹介し、その魅力を余すところなくお伝えします。

公式サイトはこちら

見るべき作品

『名所江戸百景 亀戸梅屋舗』(歌川広重)
『名所江戸百景 大はしあたけの夕立』(歌川広重)

スケジュール

2018年4月1日(日)〜5月27日(日)
※4月2、9、23、27〜30日、5月7、14、21日は休館

開館時間:10:30〜17:30(入館は17:00まで)

入場料

一般:700円
学生:500円
中学生以下無料

アクセス

住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-10-10

最寄り駅:
JR山手線:原宿駅表参道口より徒歩5分
東京メトロ千代田線/副都心線:明治神宮前駅5番出口より徒歩3分

MAP:

美術館情報

太田記念美術館
公式サイトはこちら

評価・クチコミ

この展覧会の評価 0

日本画カテゴリの最新記事