大名茶人 松平不昧と天下の名物 —「雲州蔵帳」の世界

大名茶人 松平不昧と天下の名物 —「雲州蔵帳」の世界

概要

本年は、出雲松江7代藩主で江戸時代を代表する大名茶人松平不昧(1751~1818)が亡くなって200年にあたります。この節目の年に、質・量ともに群を抜く当館の「雲州蔵帳」記載茶道具を一堂に展示し、茶人、コレクター、そして文化財保護の先駆者でもあった不昧の美意識を探る展覧会を開催します。この機会に、国宝2件、重要文化財4件を含む天下の名物と、不昧の評価が近代への道を開いた様子をご覧ください。

公式サイトはこちら

見るべき作品

『唐物肩衝茶入 銘 油屋』
『和漢茶壺鍳定』(松平不昧筆)
『離洛帖』藤原佐理筆
『蝶螺鈿蒔絵手箱』

スケジュール

2018年4月7日(土)〜6月17日(日)
※月曜日休館(ただし4月30日(月・振休)は開館し、5月1日(火)は休館)、5月11日休館

開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)

入場料

一般:700円
学生:500円
中学生以下無料

アクセス

住所:〒108-0071 東京都港区白金台2丁目20−12

最寄り駅:
都営浅草線 高輪台駅 徒歩5分

MAP:

美術館情報

畠山記念館
公式サイトはこちら

この展覧会の評価 0

茶道カテゴリの最新記事