【終了】桜 さくら SAKURA 2018 ―美術館でお花見!―(〜5月6日)

【終了】桜 さくら SAKURA 2018 ―美術館でお花見!―(〜5月6日)

概要

日本の春を象徴する桜。このたび、山種コレクションの中から、桜が描かれた作品を厳選し、一堂に公開する展覧会を6年ぶりに開催いたします。

爛漫と咲き誇り、やがて散りゆく桜の美しさは、古くから詩歌に詠まれ、調度や衣装などの文様に表されるとともに、絵画にも盛んに描かれてきました。桜を愛でる人々を描いた物語絵や風俗画から、奈良の吉野など、桜の名所を舞台とした名所絵や風景画、そして花が主役となる花鳥画や花卉画(かきが)まで、さまざまなジャンルで絵画化され、時代とともに多彩な表現が展開しています。

近代・現代の日本画においても、桜は重要な題材であり続けました。歴史や物語の一場面で桜を印象的に表した橋本雅邦(はしもとがほう)の《児島高徳》(こじまたかのり)や小林古径(こばやしこけい)の《清姫》(きよひめ)「入相桜」(いりあいざくら)、江戸時代の風俗画に範をとった上村松園(うえむらしょうえん)の《桜可里》(さくらがり)では、過去の時代をテーマとする中で桜が効果的に用いられています。また、京都の桜を描いた奥村土牛(おくむらとぎゅう)の《醍醐》や東山魁夷(ひがしやまかいい)の《春静》(はるしずか)には、桜の咲く光景が描写されるだけでなく、桜に対する画家それぞれの思いまでもが映し出されています。さらに、夜桜をクローズアップして幻想的に描き出した速水御舟(はやみぎょしゅう)《夜桜》(よざくら)をはじめ、桜そのものを主題とした作品では、画家の個性や美意識が反映され、日本画の表現の幅広さをみてとることができます。

2018年春、山種美術館は名だたる日本画家たちによる桜の絵画で満開となります。会場でお花見を楽しみながら、季節を満喫していただければ幸いです。

公式サイトはこちら

見るべき作品

『明皇花陣図』(狩野常信)
『児島高徳』(橋本雅邦)
『桜に雀』(渡辺省亭)

スケジュール

2018年3月10日(土)〜5月6日(日)

開館時間:10:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)

入場料

一般:1000円
大高生:800円
中学生以下無料

アクセス

住所:〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-36

最寄り駅:恵比寿駅
JR恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線恵比寿駅 2番出口より徒歩約10分

MAP:

美術館情報

山種美術館

公式サイトはこちら

評価・クチコミ

 

この展覧会の評価 0

その他カテゴリの最新記事