【終了】明治維新150年 幕末・明治 ―激動する浮世絵(〜2月25日)

【終了】明治維新150年 幕末・明治 ―激動する浮世絵(〜2月25日)

概要

今から約150年前、長らく続いた江戸幕府が崩壊し、新たに明治政府が樹立するという、時代の大きなうねりが起こりました。幕末・明治の浮世絵師たちは、時には、戊辰戦争や文明開化といった社会の変化を描き、時には、西洋文明の影響を受け入れながら、新たな絵画表現にチャレンジしました。
来年、平成30年(2018)は、明治維新からちょうど150年にあたります。それを記念し、本展覧会では、幕末から明治にかけて制作された浮世絵約150点(前後期で展示替えあり)を紹介します。幕末・明治という時代にあわせて激動していく浮世絵をお楽しみください。

公式サイトはこちら

見るべき作品

歌川芳虎『信長公延暦寺焼討ノ図』
三代歌川広重『東京名所京橋従煉化石之真図』
小林清親『鹿児嶋征討戦記』

スケジュール

2018年1月5日(金)〜2月25日(日)
※1月9、15、22、29~2月1、5、13、19日は休館

開館時間:10:30〜17:30(入館は17:00まで)

入場料

一般:700円
学生:500円
中学生以下無料

アクセス

住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-10-10

最寄り駅:
JR山手線:原宿駅表参道口より徒歩5分
東京メトロ千代田線/副都心線:明治神宮前駅5番出口より徒歩3分

MAP:

美術館情報

太田記念美術館
公式サイトはこちら

評価・クチコミ

 

この展覧会の評価 0

日本画カテゴリの最新記事