【終了】歌川国貞展 〜錦絵に見る江戸の粋な仲間たち〜(〜3月25日)

【終了】歌川国貞展 〜錦絵に見る江戸の粋な仲間たち〜(〜3月25日)

概要

「錦のように美しい」と称され、江戸時代の庶民を熱狂させた多色摺木版画「錦絵」。江戸時代後期から末期(19世紀前半)を代表する浮世絵師、歌川国貞(1786-1864、三代歌川豊国)は若くから頭角を現し、59歳の時、師の名を継いで三代豊国を名乗り、歌川派の総帥として多くの門人を率いて活躍しました。特に美人画と役者絵の名手として知られています。本展では、国貞の代表作の中から、江戸の香りを色濃く湛えた作品を選び、展示致します。慌ただしい日常を離れ、しばし江戸の街にタイムスリップしてみませんか。

公式サイトはこちら

見るべき作品

 

スケジュール

2018年1月20日(土)〜3月25日(日)
※月曜日、2月13日(火)休館 ただし2月12日(月)は開館

開館時間:10:00〜16:30(入館は16:00まで)

入場料

一般:1000円
学生:700円
中学生以下無料

アクセス

住所:〒157-0076 東京都世田谷区岡本2-23-1

最寄り駅:
二子玉川駅から東急コーチバス「玉31・32系統」で「静嘉堂文庫」下車 徒歩5分

MAP:

美術館情報

静嘉堂文庫美術館
公式サイトはこちら

評価・クチコミ

 

この展覧会の評価 0

日本画カテゴリの最新記事